本日の注目点

ブラックアウト期間

来週・再来週は主要中銀の金融政策発表が予定されており、来週からブラックアウト期間に入る。

ブラックアウト期間とは、政策発表に混乱をきたさないよう、政策発表の一定期間前から政策に関する発言をしないよう定めたルール

例えば、FRBの場合であれば、FOMCが開催される前の週の火曜日からブラックアウト期間に入る。

このことから、今週はブラックアウト期間直前の週ということから発言の注目度が高くなっていて、ECBは追加緩和や緩和政策の期間延長について、BOEはマイナス金利が

の導入について、の内容が出てこないか注目されている。

今週の動画

コンテンツ一覧を見る

INISHIE資産運用とは

資産運用サロン「いにしえ」は日本の金融教育の発展と日本の金融サービスの向上を目指します

真の資産運用が必要な時代へこの日本もいよいよ突入することになります。グローバル化が進む中で金融教育の発展は必要不可欠であり、これからは富裕層の方だけでなく一般の方へも資産運用の相談ができるサービスと金融リテラシーの向上が求められています。


資産運用サロンいにしえは投資・資産運用専門のファイナンシャルアドバイザーです。今の時代に最適なアドバイスと金融教育をご提供致します。

詳細はこちら

講師紹介

峠田 昌徳

福岡県出身。1975年生まれ。
大学卒業後、大手不動産会社に入社。営業マンとして年収1,000万円の生活を送るが、これでは足りないと思い、年収1億円を目指しトレーダーの道へと進む。
何も勉強せずに投資を始め、何度も資金を失う。
真面目に勉強を始めたが、全く勝てない期間が数年続く。
投資を始めてから7年目でようやく年間で利益が残るようになる。
その頃からFXで自分みたいな苦しい経験をしている人を救いたい思いでFXスクールを始める。
現在は、トレードで年間数百万円を稼げるまでに成長。
「資産運用サロンINISHIE」でFXスクールの講師、積立投資など資産運用全般の投資セミナーの講師なども行っている。
FXトレーダーと投資教育に携わる兼業トレーダー。

【トレードスタイル】
基本スタイルはデイトレードや数日間保有のスイングトレードといった短期トレード。
15年のトレード生活の中で4度の大きな挫折の末にたどり着いた独自の分析法。
テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を融合させた相場分析で“超・損小利大”を徹底したトレードスタイル。

岡ちゃんマン

福岡県出身。1980年生まれ。
植木職人をやっていたが、30歳直前で足に障害を負う。
体を使う仕事が出来なくなったため、PCだけで稼げる仕事を探していたところFXと出会う。
独学でFXを始めたが全く勝てなかったため、FXスクールを探していたところ、現在講師を務める資産運用サロンいにしえのFXスクールを見つける。
スクールに通い出したことがきっかけで、利益が出せるトレーダーへと成長する。
才能を見込まれ現在は、自身が通っていたFXスクールの講師を務めることとなる。
現在は講師やコラムの執筆などをやりながら、トレーダーとして悠々自適な生活を送っている。

【トレードスタイル】
基本スタイルは、ファンダメンタルズ分析を活かしたスイングトレード。
テクニカル分析では読めない相場予測を情報から読み解くのが得意。
相場予測では8割以上の勝率を出している。

【メディア掲載実績など】
・某出版社より電子書籍化が決定、現在編集作業中。(2020年12月に出版予定)
・2018年10月よりFX攻略.comで毎月コラムを掲載中。
・2019年8月サクソバンク証券のFXセミナーに登壇。

もっと見る